軟水へのこだわり

まず、(硬水)とか(軟水)とか聞いたことありますか?

ご家庭使っている浴槽・鏡・シャワーヘッドに白い湯垢がついてるでしょう。

テレビではお掃除の達人が「白い湯垢の取り方」などやってますよね。

それは、普段使っているお水が硬水、だからなんです

その、白い湯垢の正体は、石けんカスです。

カスって何なーん(´ω`)ですよね。

ざっくり言うと、お水の中に含まれているカルシウムと石けんがくっつき、

白く残るのが石けんカスです。

コップにつく白い点々、などがよくわかると思います。

肌のカサカサは、石けんカスが原因だと言われています。

これを軟水にすると、入浴後肌がつっぱらない・髪の毛サラサラ~。

これは洗ったあとに石鹸カスが、残らないためらしいです。


子供は冬になると、関節の内側がかゆくなったりしますよね。うちは、軟水を使うようになってほとんど起こらなりました。あと、アトピーの方にもいいですね。

男性の方には、カミソリ負けをしなくなったという声も頂きます。以前は、せっけんを使った髭剃りでは、間違いなくカミソリ負けで血だらけになっていたとおっしゃってました。それが、軟水を使うようになって、カミソリ負けをしなくなったと。


せっけんカスっていうのは、悪いことの原因ばかりのようです。

軟水をもっとも体感できる効果は、“髪の毛” です。

これははっきりと手触りで実感できます。特に、女性には一度試してもらいたい。

簡単に言うと軟水は、お肌にやさしく、お風呂に使うといいことだらけ、であると言うことです。

そうそう、東北はお肌美人が多いというのはお水が軟水だからと言われてます。


そして、僕にとっては何といっても、毎日のお風呂掃除が激変。

ほんとありがたい。浴槽についた湯垢、カミソリで削ってましたもん。

広い浴槽・・・休みの日はこれでほぼ時間とられてました。

ほんと時間もかかるし何回も腰いわしてました(笑)


・・・そんな軟水をご家庭でも使いたいでしょう。

けれど家庭用軟水器は価格も10万円を超え、置き場所もとり定期的なメンテナンス料もかかります。 

 「そんな高くてめんどくさいことは、絶対にやりたくない」 でしょう。

 「めんどくさいことはしたくないけど、軟水は使いたーい」という人は・・・

是非、八丁温泉に来て下さいね。(笑)

ちなみに軟水器と浄水器は違います。

軟水器は生活用水で使う物なので、特に飲み水がおいしくなるという訳では

ありません。